大阪YMCA > ウェルネス > YMCA拠点一覧 > 土佐堀YMCA > 【サッカー】【シーズンプログラム】【土佐堀YMCA】サッカー土佐堀YMCAシーズンプログラム > 全大阪YMCAサッカーチャレンジカップ

サッカー

全大阪YMCAサッカーチャレンジカップ

 

18ブログバナー(サッカー).jpg

 
 
こんにちは!
 
2月23日(土)~24日(日)に国立淡路青少年交流の家にて全大阪YMCAサッカーチャレンジカップが実施されました!
大阪・徳島・神戸YMCAのおともだちが総勢150名参加し1年間の締めくくりのキャンプを楽しみました。
 
~1・2年生の活動の様子~
 
1.jpg
 
バスの中では、初めて会うお友だちに緊張しながらも自分の自己紹介をして
2日間一緒に活動するチームのみんなと顔合わせをします。
「こんなプレーが得意なんだ!」「クラスではこのポジションをすることが多いんだ!」
バスのいろいろなところからサッカーの話で盛り上がりすぐに仲良くなる姿が見られました。
 
2.jpg
 
グラウンドに着くとお昼を食べてから試合が始まります。
1日目はAリーグ、Bリーグに分かれて各4チームでリーグ戦を行いました。試合が終わるごとにチームで集まり試合を振り返って良かったところ、うまくいかなかったことを話し合い次の試合に向けて作戦を考えていました。
チームが一つの目標に向かって真剣に話し合う姿がたくさん見られました。
 
3.jpg
 
1日目の最後には、チームをミックスして試合をして大阪、徳島、神戸のお友だちが自分のチーム以外のお友だちとチームになりたくさんボールを追いかけました。
「一緒に試合をしませんか?」チームも試合をするお友だちも自分たちで声をかけます。
恥ずかしながら声をかけたはずなのに試合が始まると、、、
自然とパスを呼んだり、ゴールを決めるとハイタッチをしたり、サッカーをするだけで友だちの輪はどんどん広がりますね。
 
4.jpg
 
5.jpg
 
2日目も元気いっぱいグラウンドに着くと自然と走り出す子どもたちがいます。
試合前には、「がんばるぞ!」と円陣を組む子どもたち、真剣な姿の中に笑顔も溢れていました。
 
 
~3・4年生活動の様子~
3,4年生は全部で7チーム、一日目に総当たりのリーグ戦を行い、2日目にチャレンジトーナメントとフレンドリーリーグを実施しました。
 
3,4年生の試合では試合数を重ねるごとにその質が高まるのが目に見えてきました。ただ試合をこなすのではなく、ひと試合ひと試合、この場面ではどのようにプレーしたらよいのか、自ら「考えて動く」姿がありました。またそれは自分勝手に動くということではなく、仲間のフォローであったり、チームが元気付くような声掛けであったり、サッカーで大事なグループ意識を持って取り組むことが出来ました!
それは試合結果を見てもわかる通り、後の試合になればなるほど僅差の試合が多く、その一日を通して向上していくことが出来ました!
二日目のチャレンジトーナメント決勝戦が引き分けのPK戦までもつれ込んだことが3.4年生の部の白熱ぶりを物語っているように感じます。
 
20190226_001748.jpg
 
そしてなにより普段リーダーが自分のクラスで見ているおともだちが、いつも少し遠慮してしまうところを、キャンプの試合では思い切っていくその逞しい姿にリーダーは喜びを感じました。
今回3,4年生のおともだちの中には初めてYMCAのキャンプに参加するおともだちや初めて親元を離れて泊まるというおともだちもいました。そんなおともだちも思いっきりサッカーを楽しみ、仲間との交流を楽しみ、「またキャンプに行きたい!」と言っている姿があり、キャンプを通してまたひとつ大きくなることが出来ました!
 
20190224_092756.jpg
 
~5・6年生活動の様子
今年度の5.6年生の部は、リーグ戦とクアトロサッカー大会を実施しました!
 
試合では初めて組むチームということもありお互いのプレーなどを確認しながらでしたが、サッカーを通じてチームとして成り立つのに時間はかかりませんでした!
 
8.jpg
 
子どもたちの「勝ちたい!」という気持ちがプレーにも表れており、ゴールを決めた時にはチーム全員でハイタッチする姿も見られました!
 
クアトロサッカー大会では、色々なメンバーとチームを組み5対5の試合を行いました。
ついさっきまでリーグ戦で対戦していた相手と、チームを組み協力してゴールを目指し、
たくさんの関わりがありました。
 
9.jpg
 
このキャンプで初めて会うメンバー同士も、クアトロサッカーを通じてコミュニケーションを取り、2日目にはお互い名前で呼び合ったり、笑顔で挨拶を交わしたりと新しいつながりがたくさんありました!
 
2日目にはもう一度リーグ戦を行いました。
1日目のリーグ戦とクアトロサッカーで相手チームの特徴などを子どもたちは肌で感じたため、夜のチームでのミーティングでは「勝つためにはどうしたらいいんかなぁ」「フォーメーションをこれにすれば良いんちゃう!」などと子どもたち自身で作戦を考えていました。
 
2日目のリーグ戦では、どの試合もどこのチームが勝ってもおかしくない内容で、子どもたちの気持ち溢れるプレーでリーダーたちにも熱が入り、子どもたちと喜びも悔しさも分かち合いました。
 
10.jpg
 
どのチームも最後まで諦めないプレーや、ポジティブな声かけもたくさんあり高学年のサッカーとして素晴らしいものがありました。
 
試合後にはチームの垣根を越えて、全員が笑顔となりYMCAという一つのチームになることが出来ました!
 
11.jpg
 
生活でも、たくさんの関わりや子どもたちの考えが見られました。
 
2人で協力してシーツを敷き合ったり、キャンプで出会ったお友だちとも仲良く話しをしたり、普段のクラスではなかなか見られない光景もありました。
 
何より、「次はご飯やから行こう!」と言ったり、「明日も試合あるから早く寝よう!」と言ったり、次のことを想定して、自分だけでなくチームメイトと共に考えて、行動していた姿がみられました。
 
これらは、サッカーだけではなく、キャンプ生活がもたらす子どもたちが自ら考え、成長できる機会そのものであると私たちは思っています。
 
20190223_204550.jpg
 
そして今回、大会のお手伝いをしたいと小学生時代、チャレンジサッカーキャンプで活躍したOBのおともだちも淡路島に駆けつけていただきました!
現小学生メンバーと交流する姿もあり、YMCAという場でまたひとつつながりがありました。
YMCAでは神戸、徳島、大阪という地域でのつながりはもちろん、世代を超えての交流やつながりもあります!!
 
最後になりますがこのたびこどもたちをキャンプに送り出してくださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。
わたしたちの活動がこどもたちの新たな体験がみつかり、たくさんのつながりが生まれ、そしてよりよくなっていく。そんな人生の可能性が広がる一助となることを願っております。
これからもYMCAサッカーをどうぞよろしくお願いいたします。
 

********** ********** **********

ブログ署名(ユーススポーツ).png

~サッカークラスのご紹介~

 

********** ********** **********

 

↓↓「フェイスブックマーク」をクリック↓↓


facebook.png

ユーススポーツ事業 サッカー 

 

facebookページ」にてクラス中の様子を公開中!

 

☆体験クラスに参加希望の方はこちらをクリックください☆

 

 

18ブログバナー(サッカー).jpg

ページトップ