YMCA阿南国際海洋センターでは子ども・ファミリーのキャンプ、学校団体の宿泊訓練、長期自然体験活動、大学・専門学校の海洋スポーツ実習・研修など雄大な太平洋を舞台に生きる力を養います。

ユースボランティア募集中

♪未来のリーダーたちへ ~リーダーOB・OGの声~♪

 

YMCAユースボランティアリーダー活動について

YMCAは、大学生ボランティアリーダーと共に活動を展開しています。
YMCA阿南国際海洋センターでは、多様なマリンスポーツを含めた海洋プログラムやキャンプファイヤー・クラフト・野外料理などキャンプ場でのプログラム指導を行います。また、子どもたちのキャンプ企画・運営などキャンプリーダーとして、仲間・子ども・そしてキャンプを通して多くの出会いから、学校では学べない多くの学びを深めています。
(現在、大阪・神戸・徳島の大学生約30名所属しています。)


2017年度リーダー募集について

私たちとともに、キャンプリーダー活動をしませんか?

海洋プログラムを通して、自分で考える力・判断する力・伝える力を養い、周りの人を思いやり、寄り添い、支える活動。それがキャンプリーダーです。

新しいことにチャレンジしたい、人に関わるボランティアがしたい、自分の力を何かに役立てたい、自分の見聞を広げたい。思いも動機も様々、そんな青年たちが集い、互いに刺激しあい、成長し続けることができます。指導者として育む立場でありながら、関わる全ての方々に育まれる日々。自分の成長に必ずつながる、それがYMCAユースボランティアリーダー活動です。

 リーダー活動参加について、参加希望・ご質問・お問い合わせについて

メールはこちらから

お電話は、0884-33-1221まで

 

リーダー募集案内はこちら! 

リーダーブログ はこちら!

動画いろいろ チクサクコール! ジャンボカヌー

 


 


未来のリーダーたちへ ~阿南リーダーOB・OGの声~

 

私がこのHPを見ている皆さんに最初に伝えたいことは、「阿南が好き」ということです。でも、実は何が好きなのか今も分かりません。「行ってみないと分からない」、なんともいえない魅力を感じるのが、YMCA阿南国際海洋センターです。

私がYMCA阿南国際海洋センターで活動を通して学んだことは「考えて判断して動く」ことです。海での活動では自分で考えて判断しなければいけない時があります。その時に自分から行動できるかできないか。そんな力を養うことができたと思います。この力は社会に出ても要求されるので、ここでの経験が活きています。

また、かけがえのない家族(リーダー)を見つけることもできました。様々な大学から偶然集まった人と出会い活動していくことができるのもYMCA阿南国際海洋センターの大きな魅力の1つです。 ここでの4年間は、他の何にも変えられない本当に充実した時間でした。大学入学をきっかけに『何かをしたい!』『自分を変えたい!』と思っている人は是非、大海原に飛び込んでみてください。

2012~2015年度 在籍
現在、公務員
西川 航平(にんじゃリーダー)

 

人一倍人見知りだった私は、多くの人達と関わる阿南リーダーの活動を通して、4年間で大きく変化しました。日々阿南に訪れるキャンパーの方々、阿南でのリーダーたちの親のような存在であったスタッフ、長期間のあいだ共同生活を共にするリーダーとの関わり。阿南に居て、自分自身が成長したいという気持ちさえもっていたら、気が付けば自分に欠けていた能力が培われていたり、もしかしたら、もともと備わっていたのに隠れていたかもしれない力をいきなり発揮できたりします。阿南はそんな、リーダーたちの見えない心の引き出しをそっと開けてくれる場所でした。

つらいことも楽しいことも、ともに共感し、時にはぶつかり合い、乗り越えてきた仲間との思い出は、これからの厳しい人生を歩んでいく私の背中を押してくれる、エネルギーになることと思います。

2012~2015年度 在籍
現在、中学校教員
森田 果那(うりぼーリーダー)

 

私にとって大学4年間過ごした阿南という場所は、本当に特別な場所であり、二つ目の故郷です。阿南リーダーを経験して、社会人になった今に大変役立っていることがあります。

1つ目はコミュニケーションのとり方です。大学生といえど、年齢で言えば大人です。まだまだ未熟な部分が多い中で、社会人になる前の4年間で、身近に叱ってくれる大人がいたことは、とても意味のある大切な時間でした。毎日違う団体の方たちとプログラムを通して接するという経験は、滅多にできるものではありません。

2つ目は時間の使い方です。「時間が無い」は言い訳にならない。「時間は自分で作るもの」と先輩に教わりました。時間が無いと言い訳にして、事前準備を怠ることは、自分とキャンパーの可能性を狭めてしまいます。

3つ目は、伝え方です。リーダー時代は、大勢の人の前で、いかに分かりやすくどう伝えるか?ということをいつも考えていました。幼稚園児から大人まで、キャンパーの年齢層に合わせて使うフレーズや見本の見せ方を、その都度変えなくてはいけません。こういった細かい技術は、教員になった今、とても役立っています。どんなことも意味の無いことなんてありません。

YMCAの阿南リーダーは、大学で何か新しいことに挑戦したい、自分を変えたいと思っている人には、本当におすすめです。

2011~2014年度 在籍
現在、高校教員
宮本 咲(めいリーダー)

 

僕にとって阿南は最高の遊び場でした。4年間、共に笑い、時には叱ってくれる、そんな仲間が一生の宝物です。

よく「大学生のうちに社会勉強をしなさい」と聞きますが、社会では、仕事の進め方・人付き合いなど、リーダー時代の経験が役立っています。新しいことにチャレンジしたい人におススメです!

2008~2011年度 在籍
現在、小学校教員
加藤 基寛(もとリーダー)

 

私にとって、阿南リーダーとして過ごした4年間はとても特別で、
これからもずっと自分の心の中に残っていく、そんな素敵な場所でした。

人と真剣に関わってぶつかり合い、お互いに自然体でいられる環境だったからこそ、阿南で出会った仲間は一生の宝物と言えるのだと思います。

自分の成長をたくさん感じることの出来る場で、ぜひたくさんの仲間に出会ってください。きっと、素敵な大学生活になります。

2008~2011年度 在籍
共田 英里(ぴよリーダー)

 

私はこのブログを見ている人達に一番伝えたいことは、たった一つ。
大学生と言う4年間はみんな同じ時間しか与えられていない。
だからこそ、誰も経験できないような大学生活を過ごしてみてほしい。

私の一番の自慢は、多くのキャンパーから笑顔で
「ありがとう。楽しかった。また来るね」と言ってもらえた4年間でした。

私は、子どもの頃YMCAのキャンプに来た時のリーダーは、何でも知っていて、何でも出来るヒーロー的存在でした。自分も、リーダーになったら国際海洋センターに来る人達からヒーロー的存在になりたいと思いこの阿南国際海洋センターのユースリーダーをはじめました。団体行動、楽しく遊ぶということの難しさ、自分で考えて行動するなど楽しいこともあれば嫌なこともありましたがそれも全て一生の宝物でもあり、学生生活だけでは経験できない貴重な体験だったと思います。

2004~2007年度 在籍
現在、大和ハウス工業株式会社に勤務
石原 恵太(ひよこリーダー)

 

4年間で自然と遊ぶことの楽しさを知ることができました。しかし一つ間違えれば危険なこともあります。「自然のルール」を守り、キャンパーに自然の楽しさを伝えることのできる活動は楽しいですよ!又、そういったプログラムを通して幅広い年齢層のキャンパーと関わる事ができるのでコミュニケーション手段の勉強にもなりました。

未来のリーダーたちへ
家族のように付き合える仲間ができます。そんな仲間と目標に向かって活動し、達成できた時の喜びを ぜひ味わって欲しいと思います。 不安なこともいっぱいあると思いますが、先輩リーダーが優しくめんどうをみてくれますし、楽しい学生生活を過ごしませんか?

2004年~2007年度 在籍
現在、大阪YMCAスタッフとして勤務
和田 榮理(ルパンリーダー)

 

私は阿南リーダーとしてここYMCA阿南国際海洋センターで訪れる方々とともに、ヨットやカヌーに乗り、思い出の一ページとなるように活動していました。大学生になり、新しいことを始めてみたいな、という何気ない気持ちではじめました。
もちろんほとんど経験もなく 見るもの全てが新鮮に映りました。それと同時に不安要素も多くありました 一つ目は同期です。私はそのとき2年生で他の同期はほとんど同じ大学の1年生であったためうまくやっていけるかという不安。二つ目は団体行動についていけるかという不安。しかし日々の生活やプログラムの反省などを通してそのような不安はいつのまにか消え、とても充実した3年間が過ぎました。今でもそこで出会った仲間とはひんぱんに会い、会えば笑いが絶えません。『ボランティア』=『何か人のためにする』と思っていた私の考えは大きく変わり、センターに来られる方、スタッフ、リーダー仲間から与えられることの方が多かったと気付きました。何気ない気持ちではじめたリーダー活動が今ではかけがえのないものとなっています。思い出、仲間、経験、どれをとっても今の私には宝物です。
みなさん阿南で宝物を見つけてみませんか!

2004年~2007年度 在籍
現在、海水総合研究所に勤務
中島 聖珠(パールリーダー)

 

私が阿南リーダーに入った理由は新しいチャレンジでした。今まで経験したことのない海でのプログラム、子どもとの関わりそして本気でぶつかり合う仲間。その全てが今の私の大切な財産です。

未来のリーダーたちへ
大学4年間をどう過ごすかは自分次第!あなたのチャレンジの選択肢に阿南リーダーを入れて頂けると嬉しいです。

2005~2008年度 在籍
新有留 美沙紀(ママリーダー)

 

人と関わることはすごく楽しい!
阿南には様々な人が来て、1日だけしか関わらない人も居れば長く関わる人も居ます。そういった関わりの中で「この人は何を考え 何を求めているのか?」を自然と考えるようになります。こうして濃い関係を築いていけるし一生の仲間を持つことができる!まだ直接関わった人でなくても「阿南」という言葉でつながっていくことができるのはスゴイ!!合言葉は「阿南」なのです。

未来のリーダーたちへ
一歩踏み出してあなたも仲間になりましょう♪自慢の何かがきっとみつかるはず。

2005~2008年度 在籍
松丸 沙保里(まるリーダー)

 

私は海が好き、ヨットに乗ってみたいという理由で阿南リーダーになりました。リーダーの頃に学んだのは、「人と関わる事の愉しさ」「自然の厳しさとすばらしさ」です。メンバー・リーダー・スタッフと関わる事、その中でもリーダーの仲間は同じ時間・活動・寝食を共有する事により、プライベートでも遊び、本当に自分の中身を見せる事の出来る、素の自分を認めてもらえる、そんな一生ものの関係が出来たことです。
そして一言では言い表せないのですが、この四年間の活動は、今までの人生の中で一番濃く一番充実していた時間で「阿南リーダーをしていて良かった」と心から思います。
もう一度人生をやり直すことが出来るのなら阿南リーダーになりたいと思います。リーダーをやっていたから今の自分がある糧となっています。やっぱり阿南が好きです。

未来のリーダーたちへ
きっかけは何でもいいので、一度海洋センターに遊びに来てください。大切な仲間・メンバー・自然・ヨット等のかけがえのないものを見つけることができますよ。いつか阿南で会いましょう。

2005~2008年度 在籍
現在、兵庫県警の警察官
三上 和紀(スイミーリーダー)

 

阿南クラブ

YMCA阿南国際海洋センターユースボランティアのOBクラブです。創立から約40年、約500名のボランティアリーダーを社会に輩出してきました。
その一人ひとりの阿南海洋センターへの思いは今も熱く、YMCAを、また阿南国際海洋センターでの青少年育成をサポートするたくましい仲間です。

 

Intern Leader Ship / ICCPO (International Camp Counselor Program in OSAKA)

大阪YMCAは、東アジア各国のYMCAと共に、「アジアの青年をアジアで育む」取り組みを続けています。その一環として、台湾や香港、シンガポール、韓国など各国から青年たちが集まりが、約1ヶ月間YMCA阿南国際海洋センターに滞在し、阿南リーダーとして活動を行いました。さらに、海外YMCAスタッフのインターンの受け入れなど、青年の関わりはグローバルな展開に広がってきました。

日本人のユースボランティアリーダーたちとの出会いや共同生活、そしてキャンプ場で出会うメンバーと共に生活し、阿南の海で真っ黒になりながら活動し、言葉や文化の違いを越えた仲間となる経験を積んでいます。これからも国や文化を越えて共に平和を創り出す青少年を育んで行きます。

 

サンティリーダーからのビデオメッセージが届きました!

↓↓↓ この笑顔をクリック!! ↓↓↓

santi.jpg

「こんにちは、私はサンティリーダーです!!」

Santiago Reina (from Colombia YMCA)

 

YMCA阿南国際海洋センターへのお問合せ

お電話でのお問合せはこちら

TEL:06-4395-1001

サイトからのお問合せ

お問合せ・資料請求

注目情報

Voice

海洋活動による教育効果・子どもたちの成長・変化など、ご利用団体引率の方々からの"声"が届きました。

Q&A

よくあるご質問に対して、お答えします。ご利用計画の前にお読みください。

Facebook

旬な情報が満載、"いいね"お願いします。

キャンプ・イベント情報

季節で楽しめるイベント情報が満載!

ボランティアリーダー募集中!

阿南の海で過ごす、阿南の海を支える、元気いっぱいの大学生ボランティアを募集しています!

ページの先頭へ