YMCA阿南国際海洋センターでは子ども・ファミリーのキャンプ、学校団体の宿泊訓練、長期自然体験活動、大学・専門学校の海洋スポーツ実習・研修など雄大な太平洋を舞台に生きる力を養います。

プログラム案内

実際のプログラムの流れを教えて!“キャンプモデルプラン”について

Voice~海から学ぶ教育効果~

学校教育団体のご予約について

海洋プログラム


s-09あなんヴィレッジ-227HP.jpg s-あなんカヌーカヌーキャンプ (93).jpg

ヨット

風向、風速、風力に併せてセールを張り、艇のバランスをとります。レベルに応じて小型から大型まで30艇のヨットを使用できます。

カヌー

2~4名乗りのカナディアンカヌーが30艇、14名乗りのJumboカヌーが5艇あります。ロングクルージングに最適な船です。

カッター

オールを船長の掛け声に合わせ、みんなで力一杯漕ぎます。力を合わせて漕ぎ終わった後の達成感は最高です。8人乗りの船が4艇あります。

s-カヤック.jpg  

カヤック

ひとり1艇、1本のパドルを使います。界面を思いのままにスイスイト走れるので、最も人気があります。80艇あります。

ウィンドサーフィン

若者から中高年に人気の高いボードセーリング。ヨットと同じく風を読み体でバランスをとって波の上に立つ爽快さあふれるスポーツです。

 

陸上プログラム


fire.jpg

キャンプファイヤー

都会では見ることのできない満点の星空の下、波音を聞きながらひとつの火を囲みます。レクリエーションゲームや語らいの時を持ちます。

ローピング

ロープの結び方「結索法」は海での活動には最も重要です。時には、生命に関わることもあるロープの正しい結び方と適切な使い方を学びます。

クラフト

海岸へたどり着いた流木や石を使い、思い思いにクラフトをします。焼き板やストーンペインティングなど、木や石が大変身します。

自然体験プログラム


磯遊び

磯にはウニやヒトデや貝、イソギンチャク、ウミウシ、タコまで生き物があふれています。不思議な生き物をたくさん見つけて手に取ってみてください。

ヒメボタル観察

6月に入ると山にはヒメボタルが現れます。幻想的な雰囲気が味わえます。

無人島プログラム


無人島アウティング

カヌーなどにテントや食材を積んで無人島へ。日常生活でわからない大切な事を発見できます。人間が自然の一部であることを感じる絶好の機会です。

無人島デイトリップ

1日無人島で遊んだり料理をしたり、自然を目一杯味わうことができます。

 

ご利用団体の目的に応じた多彩なプログラム


学校教育団体
集団宿泊活動

主に5月~9月の期間、多くの学校教育団体の宿泊集団活動として、ご利用いただいております。交通の利便性を生かした京阪神方面からのご利用も好評です。本格的海洋プログラムの特性を生かした内容は、各種学校から高い評価をいただき、様々な利用団体に拡がっています。

幼稚園
保育園
こども園

お友だちや先生とのお泊り保育は、なにもかも初めての経験。不安もあるけどワクワク・ドキドキ 楽しみがいっぱい!
安全を第一にゆったりとしたプログラムの中で、子どもたちが 目≪見る≫耳≪聞く≫鼻≪匂う≫手≪触る≫心≪感じる≫など、自然の恵みを全身で感じる幼少期における貴重な時間を過ごすことができます。

小学校 大自然の中では、新しい発見の連続です。海でのプログラムはもちろん、生活を共にする事により仲間の良さを知り、助け合う事の大切さを学びます。
そして、広大な海での活動・体験を通して生きた学習を行い、自主性を育てる場となるでしょう。
中学校 大自然の中で自らが海洋プログラムに挑戦する事により、想像力・勇気・判断力を養い、表現力を広げる事ができます。
また、クラスの友人や先生との協力・挑戦体験は、強い信頼関係を築くプロセスとなります。変わることのない自然の恵み、一体感、感動を全身で感じる事ができる場所となるでしょう。
高等学校 広大な海を舞台に海洋に対する深い関心と理解を深め、海に生きる技術を習得する事により、人生における勇気と想像力を養う場所として、自己の可能性を広げたり環境について考える大切な成長の機会となります。
その他にも・・・
  • 将来の体育科指導者としての資質を向上する為に技術・知識などを習得。
  • 授業の一環としての海洋スポ-ツなどの技術の習得。
  • オリエンテ-ションキャンプとして円滑なクラス運営を目的に。

大学

専門学校

独自の専門性の高い海洋スポ-ツ実習や野外活動実習として実施されています。講義を行う研修室はもとより実際の活動を行う場所として、海・無人島・山がすべてそろっており、多様なマリンスポ-ツ、無人島でのテント泊、野外料理、磯の生物の研究、キャンプファイヤ-・環境についての座学など多岐にわたる展開が可能です。
その他にも・・・

  • キャンプインストラクタ-・レクリエ-ション資格認定を含めた展開。
  • 専門的にマリンスポ-ツの技術向上を目的とした実習展開。
  • 無人島での自炊生活を通しての知識、技術向上を目的とした実習展開。
ファミリー アウトドアライフを志向するご家族はもちろん、初めてのアウトドアというご家族も安心してご参加ください。ヨットやカヌーの海洋プログラムや魚釣りや野外料理など、季節に応じた様々なアウトドア活動をYMCAリーダーが一緒に活動します。夏休みだけでなく、春から秋にかけて3連休の利用にも最適です。

スポーツクラブ

子ども会

放課後児童クラブ

様々なスポーツクラブのチーム作りのための合宿や親睦キャンプ、子ども会・放課後児童クラブなどの夏休みキャンプなど、子どもたちの大切な思い出づくりの活動の場となります。また、秋から冬にかけて、団体の卒団式キャンプなどの会場としてもご利用いただけます。
野外活動実習 地元徳島をはじめ、京阪神や全国各地の大学・専門学校が、冬のスキーに対して、夏の海洋実習と、体育家庭の実習として、また、レクリエーション関係の資格取得のために行われる実習や野外活動に関する部活動、ゼミのような、その専門性を高めるための実習が最近多くなりました。
企業研修 新入社員研修や講演会・セミナーなどの諸大会の会場としてもご利用いただけます。特に、YMCAグループチャレンジプログラムは、人間関係トレーニングとしての要素に重点を置いた効果的なコミュニケーションプログラムです。

 キャンプモデルプランとご予約について

具体的プログラム内容について、キャンプモデルプランをご覧ください!
<4泊5日へGO!> <2泊3日へGO!> <1泊2日へGO!>

今年の夏、ご利用をお考えのみなさまへ 
『ご予約方法について』 へGO  

来年の夏、ご利用をお考えのみなさまへ 
『次年度ご予約案内について』 へGO

 

 ご利用いただいた各種団体一覧

徳島県内や関西圏、またさらに広域エリアから、多くの方々にご利用いただいております。
インターナショナルスクールや英語塾、また海外からのインバウンド団体の方々のご利用も増えてきています。

スイッチ 利用団体一覧.png

 

 


Voice ~海から学ぶ教育効果~

実際の活動を通して得られる効果や参加者の変化・成長など、「海から学ぶ教育効果」についての『Voice』をお聞きしました。

Voice vol.09 Marc Mesich 先生

OYIS Senior School Coordinator / IBDP Authorization Specialist) 

Voice vol.08 森田 剛志 先生

(滝川第二中学校 主任) 

Voice vol.07 世戸 俊男 先生

(大阪国際大学 名誉教授) 

Voice vol.06 田中 守 先生

(関西学院千里国際 中等部・高等部 教頭) 

Voice vol.05 山賀 杏子 先生

(認定こども園めぐみ幼稚園めぐみ保育園 園長) 

Voice vol.04 沼田 久視子 先生

(四国大学附属認定こども園 園長) 

Voice vol.03 川﨑 安章 先生

(関西大学北陽中学校 教頭) 

Voice vol.02 芳田 克巳 先生

(松蔭中学校・高等学校 副校長) 

Voice vol.01 平川 和文 先生

(神戸大学 名誉教授 / 京都学園大学 健康医療学部 教授) 

 

YMCA阿南国際海洋センターへのお問合せ

お電話でのお問合せはこちら

TEL:06-4395-1001

サイトからのお問合せ

お問合せ・資料請求

注目情報

2018年度予約について

学校教育団体のみなさまを対象に、2018年度(平成30年度)ご利用予約を受け付けています。詳しくは、こちらからご参照ください。

Voice

海洋活動による教育効果・子どもたちの成長・変化など、ご利用団体引率の方々からの"声"が届きました。

Q&A

よくあるご質問に対して、お答えします。ご利用計画の前にお読みください。

Facebook

旬な情報が満載、"いいね"お願いします。

キャンプ・イベント情報

季節で楽しめるイベント情報が満載!

ボランティアリーダー募集中!

阿南の海で過ごす、阿南の海を支える、元気いっぱいの大学生ボランティアを募集しています!

ページの先頭へ